癌の転移を食い止めよう|早めの治療で予防が可能

患者

耳鼻科領域のがん

花

咽頭がんは耳鼻咽喉科など、口や鼻を専門に扱う医療機関が診察を行っています。耳、鼻、喉などに違和感が続いたり、ものが飲み込みにくい、首にしこりがあるなどという症状に気づいたら耳鼻咽喉科を受診しましょう。咽頭は上咽頭、中咽頭、下咽頭の三つの部分に分かれており、どこにがんができたかによって症状も治療方法もかなり違います。

もっと読む

日本人の罹患率が高い病気

医者

どのような状態になるのか

病気は数あれど、癌の恐ろしさは日本の死亡率第1位を占めている点にあります。日本で最も多くの方が死亡している病気であるのが癌です。がんは細胞がなんらかの形で突然変異してがん細胞に変化するという仕組みからなります。そして、血液やリンパの流れによって健康な細胞や少し病弱している細胞などにどんどん進出していき増やしていくこともあります。このことを転移というのですが、癌が転移すると非常に恐ろしい状況になります。ではどのような恐ろしいことが起こるのでしょうか。癌が転移すると様々なところでも病気を発病します。特に、乳がんから転移して肺がんなどになり肺に水が溜まったりすると、手の施しようがなくなってしまうこともあるのです。こういったことが転移の恐ろしさです。

予防策

癌の転移を少しでも抑えるためにはまず、癌の転移を抑えるには早期発見が重要です。そのため定期的に健康診断を受けることがおすすめでとなります。特に、男性は、肺がんの罹患率が1位であるのでしっかりと肺のX線検査を受けることが大切でしょう。また、女性に関しては、乳がんや子宮ガン、子宮頸がんなどといった女性特有のがんになりやすいのでこういった点でも注意が必要なのです。また、定期的に検査を受けていてもなってしまった場合は速やかに病院に行き治療をすることが重要です。早期発見をすればがんの進行も遅く、転移しなくて済むからです。また、癌になって検査を受ける時は他には転移していないかもしっかりと確認することが重要です。

稀に生じるがん

男性

胆のうがんは、日本人に稀に生じるがんです。もともと胆のうは、肝臓で作られる消化液を溜める機能が有ります。そして、食べ物を摂ると、消化のために排出します。治療方法としては、施術での腫瘍の摘出、抗がん剤治療が有効です。

もっと読む

がん細胞が転移する

女性

増殖したがん細胞が、ほかの組織や器官へと移り、そこで再び増殖を始めることがあります。これを、転移がんと呼びます。この、転移がんをせるための方法は、早期発見を心掛けることです。自分自身でがんの発生を知ることは難しいので、定期検査を受けることが重要です。

もっと読む